« 芝大神宮 | トップページ | 京乃とうふや藤野@東京ミッドタウン »

2008/09/06

着付け教室レッスン(専攻科第15回)

今日のレッスンは、留袖に帯は手結びの二重太鼓。自分で着る。

留袖は、比翼仕立てで実質2枚着てるようなものなので、重い…。
腰紐をキツメにしないと、すぐに着崩れして、ずるずる裾が落ちてくる。

帯は、後ろでそのまま手結びをするので、腕が攣りそうー!
毎日、帯を手結びしてたら、肩が柔らかくなって、肩こりにならないかもー(笑)
ちょっとした運動のようでもあるので、2回練習をしたら、疲れてくるし、少し汗ばんできた(^^;

手を後ろに回して帯を結ぶというのは、襟元が着崩れてくるし、なかなか難しい。

苦労したけど、帯はまあまあの出来上がり♪先生から「キレイに出来てる。」とお褒めの言葉もいただいた(v^ー゜)ヤッタネ!!
お太鼓結びについては、帯の修正の仕方がわかってきたので、一旦結んだ後に、いろいろくずれてるところを修正いれて、誤魔化したんだけど(笑)
まぁ、着崩れを直すのも一つの技術ということで、よしとしよう。

|

« 芝大神宮 | トップページ | 京乃とうふや藤野@東京ミッドタウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

修正できる、っていうのは、
正解を知ってるから出来る事なんだから、
技術が向上してるってことなんじゃないの~ん?

いいじゃん、いいじゃん♪

投稿: LEONA | 2008/09/07 08:11

>LEONA
そーだね~。最近、着物を着てる人を見ると、着崩れチェックしちゃうんだよー。直してあげたいって思ったえり(笑)
とはいえ、毎回練習でも、完璧!ってことはまったくないので、まだまだなんだけど。

投稿: じゅんこ | 2008/09/07 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/42398747

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(専攻科第15回) :

« 芝大神宮 | トップページ | 京乃とうふや藤野@東京ミッドタウン »