« 陸上自衛隊の車両 | トップページ | ガチャピンとムック -日産名古屋ギャラリー- »

2008/07/13

着付け教室レッスン(専攻科第9回)

今日のレッスンは、小紋に六通の袋帯で二重太鼓を結ぶ。(改良帯枕使用)
六通なので、柄あわせが必要。

覚書。
1.柄じまいから、垂れ先に向かって、体一巻き分を測りクリップで印。
2.手先から手になる分(約60cm)を測り、クリップで印。
3.2で測って印を付けておいた手先と、柄じまいをあわせてクリップ止め。ここで折れた部分は、柄あわせで、調整した余り部分となる。
4.1で印を付けた位置に、改良帯枕をセット。
5.体に帯を巻いていくときに、余り部分をお太鼓の中に隠れるように屏風たたみにし、固定。
あとは、普通どおり二重太鼓を結ぶ。

柄あわせが必要な帯は難しい…。

|

« 陸上自衛隊の車両 | トップページ | ガチャピンとムック -日産名古屋ギャラリー- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

着付け教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/41816682

この記事へのトラックバック一覧です: 着付け教室レッスン(専攻科第9回):

« 陸上自衛隊の車両 | トップページ | ガチャピンとムック -日産名古屋ギャラリー- »