« 着付け教室レッスン(専攻科第7回) | トップページ | 上京(お別れの挨拶) »

2008/06/30

波乗り友との別れ

女性の波乗り友達では、一番長い付き合いだった。
そんな彼女が、いってしまった。妹さんから後になって連絡を受けた。

私がサーフィンを始めたころに、九十九里の海で出会い、一緒に波に乗って、アフターは浜辺で騒いだり、とっても楽しく過ごした時代のいい仲間。

私が、名古屋に引っ越してきてからは、当時の波乗りの知り合いとは、疎遠になったけれど、彼女とだけは、つきあいが続き、波乗り以外でも、遊んだり、楽しく話せる友だった。

そんな彼女は、何も言わずにいってしまった。まだ、ぜんぜん若かったのに。
今年は、九十九里で一緒に波乗ろうねって、言ってたのに。
彼女も最近、着付けを始めて、お互いに着物を着て合える日を楽しみにしてたのに。

あまりに突然で、正直なところ悲しいというよりも、茫然。涙なんて出ない。
遠く離れた名古屋で、そんなことを知っても、とても現実とは思えない。信じたくないし、信じられない。

ただ、きっと、彼女の人生は幸せだったし、私が彼女と会って楽しかった時、彼女も一緒に楽しんでくれていたんだと思おう。
いままでありがとう。

そして、私は、いつもと変わらない日常を過ごしていかなければならない。

|

« 着付け教室レッスン(専攻科第7回) | トップページ | 上京(お別れの挨拶) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事