« あけましておめでとうございます 2008年元旦 | トップページ | きもの着付け体験レッスン »

2008/01/05

ロートレック展 -パリ、美しき時代と生きて-

20070104image
愛知県美術館から名古屋テレビ塔をのぞむ。

愛知県美術館で14日まで開催されているロートレック展を鑑賞。
年末は思って頼り早く休館に入ってしまってたので、見逃してしまって会期ぎりぎりに。4日の年初オープン初日に今年初の美術鑑賞。

特にロートレック好きというわけでもないし、ムーラン・ルージュのポスター画に興味があって、行ってみることに。
年初だからか、金曜日の夜(金曜日は20:00まで)だったせいか、かなり空いてて、ゆっくり見られた。
当時の映像や、描かれた踊り子の写真との比較など、興味深く見られるような工夫が随所に。版画、ポスターだけでなく、デッサンや、油彩画なども。
なんだか、踊り子や娼婦の絵をみていると、退廃的な雰囲気の絵に圧倒されたのか、体調が悪かったせいか、生々しく感じてとても疲れてしまった(^^;それだけ、迫力があるということかも。

愛知県美術館
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/

|

« あけましておめでとうございます 2008年元旦 | トップページ | きもの着付け体験レッスン »

名古屋・愛知・東海地区」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/17593003

この記事へのトラックバック一覧です: ロートレック展 -パリ、美しき時代と生きて-:

» 落穂ひろい(17)最近の美術館事情 [国際芸術見本市(ジャパン・アート・フェスティバル)始末記]
今日ほど美術館が一般大衆に親しまれた時代はかつてなかっただろう。詳細な統計的数 [続きを読む]

受信: 2008/01/06 15:07

« あけましておめでとうございます 2008年元旦 | トップページ | きもの着付け体験レッスン »