« 第132回TOEIC公開テスト受験 | トップページ | さいきん。 »

2007/07/25

ごみの分別

今のプロジェクトでご一緒している、福岡からいらしてる会社の方が、
名古屋の人は、みんなちゃんと分別してて、すごいですねぇ。と感心していた。
分別するのは、可燃、不燃、缶、びん、ペットボトル、紙パック、プラスティック容器包装、紙容器包装リサイクル。あと、新聞・雑誌はできれば資源回収。

名古屋は、もう埋め立てる場所がないのよ…。

出張族の方から、聞いたのが。
福岡はゴミ袋がすっごく高くて、10枚で500円ちかいって!?
家庭ごみも有料ってことらしい。
(あとでネットで調べたら、サイズによるらしい。30Lは10枚300円。45Lは450円)

広島は家庭用のゴミ袋がないそうだ。適当な袋にまとめて、なんでも一緒に捨てればいいとのこと。そんなのあり!?

私もここ10年の間に、何度か引越しをして思ったけど、ごみの出し方は難しい。

知り合いで、普通に火をつけて燃えそうなものは、可燃で、燃えないものが不燃じゃない?って信じてた人がいたけど、可燃、不燃の定義は、簡単そうでいて、自治体によって微妙に違うので、ご注意を。
(この定義だと、プラスティック、ゴムは可燃。缶、ガラスなどは、不燃となるけど、名古屋では、プラスティックは容器包装なら、リサイクル、それ以外は不燃。)

名古屋市「家庭ごみ・資源の分け方・出し方」
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/gomishigen/kateishigen/wakekata/

|

« 第132回TOEIC公開テスト受験 | トップページ | さいきん。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

その地域の焼却炉のスペックによって燃えるごみと
燃えないごみのカテゴリが変わるって聞きましたよ。

でも、最近はリサイクルという観点で、
燃えるけど燃やさないっていうのが増えているんでしょうね~。

投稿: りこ | 2007/07/26 19:36

>りこ
名古屋は、リサイクルが進んでるというか、よほど埋め立てる場所がないのか…。トイレットペーパーの芯、小さな紙片やダイレクトメールなどシュレッダーした紙も回収しますからって変わったときは、正直おどろきました(^^;
広島は、そもそも袋がないので、ビンも缶もその他ものもろ、ほんとに何でも一緒でよかったそうで、マジ驚き。

投稿: じゅんこ | 2007/07/26 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/15859704

この記事へのトラックバック一覧です: ごみの分別:

« 第132回TOEIC公開テスト受験 | トップページ | さいきん。 »