« Siam Garden(サイアムガーデン) | トップページ | THE ORCHID ROOM (オーキッド・ルーム) »

2007/01/27

大エルミタージュ美術館展 -いま甦る巨匠たち400年の記憶-

名古屋市美術館で開催されている大エルミタージュ美術館展へ。
かなりの人手。ひさびさに、こんなに混雑する美術館。大行列、人だかりのため、自分のペースで作品を観られないのは、結構つらい…。

事前にポスターを観て思っていたイメージ、モネ、ゴーギャン、ピカソなどがいっぱいなのかと思っていたら、少し趣は違った。
エルミタージュ美術館の所蔵品から、15世紀のヴェネツィア派から19~20世紀まで、いろいろな画家の作品を紹介していた。
たしかに技術的にすばらしく、とっても正統派な美しい絵が多くて、よかったのだけど、私の好みとしては現代的なほうが好きなせいか、多くの作品は、正直なところぴんとこなかったかな…。

そんななかでの、今日のお気に入り

ポール・ゴーギャン「果実を持つ女」
ポスターでも紹介されていたけど、この人の絵は、ほんっと、遠くからでもわかるほど特徴的。女性にとても力強さを感じる、一目見たら忘れられない印象。

ルートヴィヒ・クナウス「野原の少女」
青々とした野原に咲く、小さな野の花たちを愛らしい女の子が摘む、とっても優しい雰囲気。思わず「かわいい~」と、ありがちな感想をもらしてしまった。

「エトワール広場から見たシャンゼリゼ風景」
道沿いに建つ建物がとても美しく、青空の下、馬車が行き交い、華やかな人々、街の様子がとても印象的。

ビデオ放映されていたエルミタージュ美術館
豪華絢爛。これは、ぜひ将来一度訪れて、本物を観てみたい。

お土産売り場では、ロシアだけに(?)マトリョーシカを販売してた…。

大エルミタージュ美術館展
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2006/hermitage/

名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml

|

« Siam Garden(サイアムガーデン) | トップページ | THE ORCHID ROOM (オーキッド・ルーム) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/13685850

この記事へのトラックバック一覧です: 大エルミタージュ美術館展 -いま甦る巨匠たち400年の記憶-:

« Siam Garden(サイアムガーデン) | トップページ | THE ORCHID ROOM (オーキッド・ルーム) »