« WEDGWOOD THE HOUSE OF TEA(ウェッジウッド・ザ・ハウス オブ ティ) | トップページ | MADONNA Confessions Tour 2006(おまけ) »

2006/09/20

MADONNA Confessions Tour 2006

2006/09/20@東京ドーム。

マドンナの第一声に、全身鳥肌立ちまくり。
登場から、思わずキャーキャー叫びまくってしまった。いわゆるコンサートでこれほど、はじけたのは初めてかしら。
最初から最後まで踊りまくりー。
マドンナが観客に向かって、「とんで、とんで!」と日本語で言ったときには、それはもう、思いっきりジャンプしつづけましたわよ!
あー、この日ほど、体力つけててよかったと思ったことはないわっ(笑)

鍛え抜かれた肉体美、そのしなやかさ。なんてせくすぃ~!最高のパフォーマンス。かっこいぃぃぃー!!!すばらしいぃぃぃい!!!うををを~!!!
ダンサーたちも、すごい。見るからに個性派ぞろいな上に、次々と魅せるアクロバティックな技も、サイコーに興奮っ!
ありがとう!!マドンナ!!

英語が少ししかわからないので、それは残念だったなー。すべてのお言葉を理解したかったー・・・。
途中、メッセージ性のある演出もあって・・・。マドンナが伝えたかったことは・・・?なんとなくしか、わからない。英語が出来ないのは、ほんとうに悔やまれる・・・。

最後は、あー、終わっちゃった・・・って、悲しくなったぐらい・・・。燃え尽きたぁ・・・。

その他の感想。
■■プレミア席■■
私の席は、プレミア席(アリーナ)B4ブロックで、しかも前から4列目だったのだけど、ステージに向かって左の端の方。マドンナがステージの一番端まで来てくれたときで、50メートルは距離ある・・・。(もっとかも、距離感がわからない)でもって、ステージの真ん前のアリーナに比べて、観客のノリも少しおとなしめだったので、それが、ちょっと寂しかった。
が、私のちょうど前後の席にいらしたのが、ゲイのカップル。それぞれかなりいちゃいちゃ&おね~言葉でイイカンジ♪かなり素敵な肉体美をおもちな方もいて、思いっきり露出な衣装だったので、思わず見ほれてしまいましたわよ。
この方たちは、はじけてたわ~。私の両サイドの方たちは、おとなしい感じだったので、この方たちがいらしたおかげで、私も、はじけることができて、助かったって感じ。
男性のダンサーが、近くのステージに来たときに「来たわよ、来たわよー!」って盛り上がってたのが、ちょっとウケた(笑)
マドンナのときは、もちろん、すっごい黄色い声で盛りあがってたけど。

それにしても、私としては、大枚はたいてプレミア席にしたつもりだったけども、やっぱり、もっと気合をいれて、オークション席にすべきだったわ。
ちょ~、盛り上がっててうらやましかった・・・。

芸能人もたくさんいらしたようす。開演前に、観客が「を~」というどよめきが何度も。ただ一人拝見できたのは、叶美香さん。隣のブロックにいらして、その距離、15人ほど。おしい!上品な感じでのってました。でも、最後までは観ずに、そっと退席。有名人ってかわいそう。大変なのねー。

■■開演と終演■■
19時開演の予定だったところ、結局始まったのは20時から。1時間まちは辛かった・・・。一度、トイレにたっちゃったもん。みんなそうだったけど(笑)離席中に始まるんじゃないかと気が気じゃなかった。大丈夫だったけど。

あと、2時間でパシっと終わっちゃったのは残念。すぐにアナウンス入って、照明も明るくなったので、さっさと退席。アンコールするまもなし。

MADONNA Confessions Tour 2006(英語)
http://www.confessionstour.com/

|

« WEDGWOOD THE HOUSE OF TEA(ウェッジウッド・ザ・ハウス オブ ティ) | トップページ | MADONNA Confessions Tour 2006(おまけ) »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/11986720

この記事へのトラックバック一覧です: MADONNA Confessions Tour 2006:

« WEDGWOOD THE HOUSE OF TEA(ウェッジウッド・ザ・ハウス オブ ティ) | トップページ | MADONNA Confessions Tour 2006(おまけ) »