« 虹とRAINBOW | トップページ | TOEICの結果 »

2006/04/09

アイーダ・ゴメス 「カルメン」

愛知県芸術劇場大ホールにて。1F席の13列目と結構いい席で観賞♪
久しぶりのフラメンコ、しかも、元スペイン国立バレエ団のプリマが主演、ということでかなりの期待。

ビゼーのカルメンを題材にした舞踏。
美しい舞台でした。
特に、カルメンとホセの2人のシーンは、とても妖艶でセクシー。
カルメンの悲しいストーリーを美しく演じていて、上演時間は約1時間半だったけど、あっという間に感じた。

綺麗で美しく芸術的。どちらかというとバレエの要素が強そう?衣装なんかも、やさしい色使いで現代風。こぎれいで華やかで、群舞もそろって綺麗。
とても見やすい感じはしたけど、フラメンコの自由さや、オーラとは少し違う。際立った個性などは、だせないのかなーって感じ。
「フラメンコ」という言葉で、先入観を強く持ちすぎていたのがいけなかったかな。
確かにアイーダ・ゴメスは、美しかったけど。

劇中で、おそらく酒場のシーンと思われるところで、少しフラメンコらしい自由な雰囲気がでていたのが、結構いい感じに思えた。

私としては、観終わったあと、少し物足りなさも。
やっぱり、生ギター、生歌で、みんなのパルマ(手拍子)、掛け声がかかる中で、サパテアード(足を打ち鳴らす)の音がバシッと聞こえるような、感情のままに踊るようなディープな臨場感のあるフラメンコの方が、わたし好みかな。
そういうディープなのは、普通の人にうけなさそうだけど(w

|

« 虹とRAINBOW | トップページ | TOEICの結果 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/9540324

この記事へのトラックバック一覧です: アイーダ・ゴメス 「カルメン」:

» フラメンコだいすき [フラメンコだいすき]
フラメンコの名盤やおなじみの曲、スタンダード集です。 [続きを読む]

受信: 2006/05/01 14:19

« 虹とRAINBOW | トップページ | TOEICの結果 »