« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/29

虹とRAINBOW

雑学系ネタ。
学生のころ、たしか日本語学?の講義で聞いた話。(もともとは、『日本語と外国語』という本に載っている内容らしい。)

虹は、英語でいうとRAINBOW。

だけど、この2つには大きな違いが。
というのは、日本人に聞くと虹は7色。赤橙黄緑青藍紫。
けど、アメリカ人や、イギリス人に、RAINBOWは何色か?と聞くと、一般的には6色で、藍色がぬけるとのこと。藍色は所詮BLUEだから?(学術的には7色らしい)
国によっては、虹の色の数がもっと少ないとのこと。

講義の中での、結論としては、日本語は古くから色を表現する言葉の種類が豊かで繊細だというようなことだったと思ったけれど。

私の中では、すごく興味深い見方だなーってずっと印象にのこっている。(学生の授業で心にのこってるのって、私にとっては稀なこと。なにを勉強したかなんて、ほとんどすっぽり抜け落ちてる(^^;)

もちろん英語の単語と、日本語の単語は1:1にならないってことは、中学生のころに習ってることだど、虹とRAINBOWは、明らかに同じ物を指す名詞なのに、その国の人の生活、文化によって、その意味定義が異なるっていうのは、とっても新鮮に感じて、おもしろいなー、もっといろいろ知りたいなーって思った。
…このころ英語がんばってたら、今頃は…。なんてことは言っても仕様が無い。
だって、日本語学の授業だったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

TOEIC受験

名古屋市内の某大学にて。
3年ぶりぐらいかな。会社でTOEICの点数あげろ!って言われてても、いつも「仕事が忙しくてー」って逃れてたのだけど、ちょっと気が向いて久々に受験。

結果は、言わずもがな。というか散々!(力強く!)ろくに勉強していない私がわるーございました。
前回受験したときは、Readingの時間が足りなかったのだけど、今回はListeningがダメダメー。(前回受験時は一応、英会話教室に通ってたので、その効果があったのかも?)
かと言って、Readingが出来たというわけでもないので、意味なし。
嗚呼。点数が恐ろしい…。

そんなことよりも、今回は担当試験官が最悪だったので書いておかねばっ。
教室の担当試験官は、大学生かと思しき若い女の子。すっごく落ち着きのなくって、大迷惑。
試験中にドアをあけたり、空調触ったりって、なんなのってば。
それどころか、Listening用のカセットテープをケースにしまうのに手間取り、ガチャガチャと音をたてて続け、しまいにはカセットを床に落としてガシャーン!と。数人がいっせいに顔をあげたら、しまったーって顔してた。(ーー;)
Listeningが終わったあとだったけど、ちょっとー。後でやってって感じ。
アルバイトなのだろうけど、クレームつけたいぐらい。ちょっと不機嫌に帰ってきた。

だからって、静かに集中できたら、点数が変わったか?と聞かれると…( ̄ー ̄;)

さて、次回に向けて、もっとがんばらねばっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/19

梅観賞@名古屋城

少し時期が遅れたけど、梅を観に。今年は名古屋城。
あまり下調べもせず、とりあえず向かってしまってから、名古屋城に梅はあるんだろうか・・・?と不安になりつつも、きっとお城だし…と、観覧料を払って入園。

本数はそれほどなかったけど、2箇所に梅林があり、いくつかの品種が咲いていた。
種類によって、つぼみのものから、もう散りかけのものもあり。
さすがお城の庭園内だけあって、趣がある、というかそんな気になる(笑
桜の時期とはちがって、人もそれほどめちゃくちゃ多いわけではないので、おちついて園内をまわれる。ぐるっと一周しつつ、茶店で抹茶とお菓子をいただく。
2006031902image

梅も撮ったのだけど、あまりいいショットがなかったので、名古屋城の写真をUP。
写真だとわかりにくいけど、金鯱が傾きかけた陽に映えて、ぴかぴかと輝くようすは、なぜだか滑稽に思えて、思わずわらってしまった。
20060319image
(写真マラソンのヤッシーにお会いできたら、即ゴールですわ♪)

名古屋城は桜まつりの準備が始まってた。あー、お花見。どこへいこうかなぁ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/18

かづきメイク体験!

リハビリメイクで活躍されているかづきれいこ氏のオリジナル化粧品のショップで、血流マッサージを体験!@名古屋三越REIKO KAZKI。

まず顔の右半分から血流マッサージ。目の周りはやさしいけど、頬の方は結構しっかり力をいれて、リンパの流れをつくる感じ。つぼ押しみたいに、イタ気持ちよくって、効いてるーって感じ。右半分が一通り終わったところで、鏡を見せられる。

をを~!頬があがって、ホント輪郭がすっきりしている!!!
TVで見たみたいに、ホントにホントなんだわ~!!!と感激!
血流マッサージを、習得して続けると、顔の血流がよくなって、お肌の調子もよくなるそうな。

左半分もマッサージをしていただき。その後メイク。真っ黄色のベースをさささっと、顔に塗られる。見た目は、「大丈夫かな?」と思うような黄色なんだけど、のばした後は、意外に普通。その後一通りのメイクをしてもらう。
私は顔がやや丸い系なので、かの有名な(?)「かづきの影」(それにしてもネーミングがすごい…)を頬にいれてもらった。目の錯覚を利用して顔をすっきりみせる技。
その他ポイントメイク系も全面的にかづきメイク技を使って仕上げてくださった。

感想。
メイクは遠目からみると、とても華やか。が、自分のメイクより塗ってる感が強い。三十路半ばの私にはこのぐらいがちょうどよいのか?口紅が濃いのは、いかにもかづきメイクという感じ。ベースメイクも、少し厚い気がするけど、肌はまぁ綺麗に見える気はする。

ちなみに、私自身のメイクは、かなり手抜き。面倒くさがりなので、ナチュラル以下かも?(^^;メイク下手な自分は棚上げ状態での感想。

それにしても、血流マッサージは、本当にすばらしい!
メイク終わっってお店を後にしても、顔はしばらくぽかぽかしたままで、血流が良くなったのを実感。すごい技だ。恐るべし。

REIKO KAZKI公式ホームページ
http://www.kazki.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

ほしいと思った服が全部変えない自分をかわいそうに思っているあなたへ

ほしいと思った服が全部買えない自分をかわいそうにおもっているあなたへ
ほしいと思った服が全部買えない自分をかわいそうにおもっているあなたへ

タイトルに惹かれた。 この手の自己啓発本は、ついつい読んでしまう。
出版社はDiscover。「夢をかなえる人の手帳術」とか、「ミリオネーゼ」本を出してる出版社。さすがというか、女性の気持ちをうまくついてるわー。

ちょっと軽めな本だったけど、衝動買いを後悔する自分、ストレス発散って感じで買い物しまくっちゃう、物はたくさんあるのに満足できないなど、数々エピソードには、そうそう、あるあるーっ!て頷きまくり。

単に買い物の失敗を戒めるとか、買い物依存症とかについての本かなと思ったら、ショッピングをテーマにしつつ、前向きに、自分を磨いて!幸せになろう!って感じの人生の教訓、生き方を説いている。

この本の中で、心に留めておこうと思ったお言葉を。

『タフな人間は、辛いときにはショッピングをしない。 今は辛い時期だと認めるには強さが必要だ。 苦痛に耐えるには力を振り絞らなければいけない。 勇気ある女性は辛いとき、自分に問題の原因がないか振り返る。』

ん~。心が痛む…。
少し前に、「そろそろ春物お稽古バッグ♪」とか思って、バッグ買っちゃったし(^^;
今後もスーツは、必要経費みたいなものだから、春物買わなきゃだし…。
と言い訳を並べてみる……が、実際のところ、仕事のストレス発散してる気がするんだよねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/06

クレジットカードポイントプログラム

某クレジットカード会社の会報が送られてきた。

以前、カードのポイントプログラムの交換商品に、かの高級車のアルファロメオ(!)というのがあって、すごい!と驚いていたのだが・・・。

今回の冊子を見たところ、さらにグレードアップしてた!

『宇宙体験旅行1名さま分(弾道飛行)
眼科に青い地球、頭上には宇宙空間の広がり、高度100kmの超高空まで上昇し、憧れの宇宙空間をご体験いただkます。
※フライトは2007年以降の予定です。』

とあるではないか。うぉーーー!!!
こ、これは!すばらしく魅力的な商品設定!
なんて豪華!!と言おうか、衝撃。ありえないー。

ここで、誰もが思うでしょう。どれだけポイントためればよいの?
計算してみた。
ウン十億円を使用したらば、この商品と交換できるだけのポイントが貯まることに。
有効期限なしの累積でよいとはいえ、縁のない数字。世の中には、やはりすごい方々がいらっしゃるのねぇ・・・。

小市民な私、自分に相応のかわいらしい交換アイテム目指して、こつこつポイントをためよう・・・。
何をもらおうっかなー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/01

魅惑の夜

先日。飲み会の2次会。あるオトコの人の引率で、初めて"a gay bar"へ。キャーー!!
誤解なきよう言っておくと、彼はノーマルな普通の一般人である。

名古屋の某繁華街の雑居ビル。入り口は一見して、特に変わった様子はない。店の中も、以前、会社の上司にママのいるスナックへ連れていかれたことがあるが、似た感じ。

ドアを開けると、「あ~ら、いらっしゃい。お久しぶりじゃないのー!」とハイテンションな男性の声。藤岡弘(仮面ライダー)似のママ(もちろん男性)と2人のスタッフが切り盛りしている。スタッフはもとウルトラマン役の○○太陽系、金髪短髪モード系な20代のイケメン君。自称homoのお三方。本当かどうかはわからないけど、もし演じていたら、すばらしき女優魂(?)である。

ちなみに、彼らに言わせると、gay、homo、おかま、ニューハーフは、すべて定義が異なるとのことで、彼らはhomoで女装はしないとのこと。
それにしても、3人ともきちっとした男性の服装だし、ハンサムで、黙って佇んでいたら、すごくかっこいい。女性にもてるに違いない!

おもてなしは、気が利くこと限りなし。頭が下がる。
タバコを出せば、さっと火をつけてあげるのはもちろん、グラスに付いた水滴はすぐに拭いてくれる。話も、飽きさせないように、次から次へと話題を提供して、楽しませてくれる。本当にもてなそうという心意気を感じる。プロだ!
それなのに、お会計をお願いすると「homoなので、たくさんいただけないのよ~」と、思ったよりお手ごろ。

帰りはママがエレベータで1Fまで見送り、道路まで出てきて送っていただいた。
すごくいいおもてなしを受けたという感じで大満足♪
確かに女性の立場でも、とても楽しく笑って過ごせる。しかも変に気を遣わなくてよいのが気楽でよいー。
客層としては、普通のサラリーマンも多くて、意外にも女性率は半分はいってるとのこと。わかる気がする・・・。
はまりそー(w
気をつけなきゃ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »