« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/27

テスト・ザ・ネイション

テレビ朝日系列で放映された『テスト・ザ・ネイション』。
今年も受けてみたところ、去年にくらべてIQが10以上低下してしまった・・・。ショックー。今日は体調が悪かったので、そのせいにしよう(笑

脳タイプは。「右・左 型」。点数が同じものがあって、「右・右 型」でもよいのだけど、解答しやすかった方を選べと言ってたので、右・左にしてみた。(全体的にも左脳テスト、右脳テストの4カテゴリについて、ほとんど点差がなかったので、これといって特徴がないのかもしれない。)

志向性テストは、人志向(『A:歩いている人 』を見る)だったので、適職は。
会社経営者、内科医、作家、
演出家、記者、アナウンサー、
金融業、警察官、看護師、
営業職、販売員

という結果。
が、思いとしては、どちらかというと人と接するのは好きじゃないので、志向性テストがなんともナットクいかず。まぁ、『B:景色(物)』を見ると答えた場合は、
研究者、建築家、漫画家、
エンジニア、
ゲームクリエーター、
獣医、料理人
という結果。これもピンとこない。

適職はやりたいこととは違うということか。参考程度かな。
今の仕事が適職かどうかも不明。

でも、こういうテスト受けるのは結構好き。また来年もあるかな?

テレビ朝日 テスト・ザ・ネイション
http://www.tv-asahi.co.jp/iq/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

公開日初日にさっそく観てきた@TOHOシネマズ名古屋。
かなり混み合うことを予想して、カレにお願いして事前に席を予約してもらい、気合十分で臨んだのだけど、満席というほどではなく、最前列から数列は空席も目立った。意外。
観客には外国人のお客さんが結構入っている。すぐ隣も外国の方だった。
何が面白いのかわからないが、外国人のお客さんだけが、大ウケする場面が何度かあってすごく気になる。私を含め、日本人には明らかにうけていないシーン。英語の言い回しがおもしろいのか、アメリカンジョーク(イングリッシュジョーク?)なのか、出演者の姿かたちがおもしろいのか・・・、いろいろ想像はできるものの、残念ながらまったく理解ができない。英語や、国民性などが理解できたら、もっと楽しめるのかもしれない。

今作も、笑いあり、悲しみあり、全体として楽しくは観られたけど、いろんな事柄が次々と起こって、エピソードをかなりムリヤリつめこんだ感はあるかな・・・。映像はファンタジーの世界に入り込んでて、やっぱりすばらしい。

それにしても、ハリーポッター含め1作目は子供だった出演者は、どんどん大きくなって、すっかり大人びてた。思わず次回作が心配になってしまった。原作本を読んでないのだけど、成長して大人になっちゃってもストーリーとしてはOKなの?(ドラえもんみたいに、永遠に子供のまま話が進むのなら無理がありそう。)
いずれにせよ、次回作も楽しみ♪

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html

Harry Potter(英語)
http://harrypotter.warnerbros.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

携帯機種交換

少し前にでたケータイ機種が1円!との広告を見て、最寄のドコモモールへ。実際のところ、いろいろな契約をしてないと1円にはならないらしく、3,000円ほどはかかってしまった。ただし、たまっていたドコモポイントを使ったので、タダ。

今回は特に一番のお気に入りの機種もないので、とりあえず壊れたデジカメの代わりになればと思い、カメラつきであれば、何でもということでの変更。歴代ケータイはすべてPシリーズなので、あまり考えずにP700iにする。
そろそろFOMAにしてみようと、movaからFOMAに変えたら、契約事務手数料として、2,100円(税込み)が月額料金と一緒に請求されるといわれた。うーん、ちょっと端末いじって、入力するだけじゃん、取り過ぎじゃない?DOCOMOさんって感じ。

担当者に過去三ヶ月の利用状況を確認してもらい、相談しつつ、タイプMプラン+パケホーダイを選択。これからは、気にせずiモード使い放題!使ってやるー!状態ですな。

それにしても、もう少しセンスよくて、薄めのケータイ機種でないかなぁ・・・。どれもイマイチ。AUなんかは、見た感じ素敵な機種がいっぱいある気がする。DOCOMOを長くつかってるので、料金的には他のキャリアにかえるメリットが今のところないので、デザイン面はガマンかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/19

RIVERDANCE(リバーダンス)

RIVERDANCEを鑑賞@愛知県芸術劇場大ホールにて。13:00開演の部を観にいった。席は中2F席のサイド。少し舞台から遠いかなと思ったけど、2人席になってるのはラッキー。

リバーダンス初経験の感想は・・・予想以上にすばらしかったっ!感動!
テレビでチラッと見て、アイリッシュダンスだけだと思っていたのだけど(もちろんそれでも初めて見るものだし十分見ごたえはあるのだけど)、加えてフラメンコ、タップダンス、バレエなどの要素も加えられている。ダンスの技術はもちろん、演出も観客を飽きさせない。
第一幕では、それぞれのダンスをしっかりと魅せてくれる。休憩をはさんで、第二幕では、がらっと雰囲気がかわり、演劇の要素が強くなり、掛け合い、競演が続き、エンディングに向けてどんどん舞台と観客が一体になり、どんどん盛り上がった。

初めて見るアイリッシュダンス、足の動きの速さは人間業と思えない。よく足が絡まないなぁと思う早業。群舞では、皆の足音と美しく揃って動く、迫力で圧倒される。
演奏する生バンドの技術も相当なもの。下手なコンサートより聞きごたえがあって、すばらしい。みたことのない民族楽器(イリアン・パイプというらしい、他にもいくつか知らない楽器が・・・)の哀愁ある音色はとても印象的。

タップダンサーとアイリッシュダンスとの競演は対照的で違いが強調されて、少しコミカルなストーリ仕立てで楽しく見られた。

しかし、なかでも印象深かったのは、フラメンコとバリトン歌手。
フラメンコダンサーは、かなり技術があるとみた。サパテアード(足をならす)をするときも、腰から上が安定していて、上下せず固定されている。しなやかなブラソ(腕)のうごき。手首もやわらかくて、大きくひらりと回転して美しい!優雅で繊細な、最高のフラメンコだった。

そして、圧倒的な存在感をかもし出してたバリトン歌手。声がホール全体を包み込むほどの響き。体全体が楽器になってるようなすばらしい声!スピーカーを通して聞くのはもったいない、声量から言っても、マイクなど要らないんじゃないかと思った。

もう書きつくせないほど、盛りだくさんで、大満足の公演。2時間あまりの公演が、あっという間に、終わってしまったって感じ。
エンディングでは、1階席の6,7割はスタンディングオベーション!日本でこれほどなのは珍しいのでは?少なくとも私にとっては、初めて。
これは、ほんっと、オススメの舞台。

RIVERDANCE(リバーダンス)
http://www.riverdance-jp.com/index.html

Riverdance(英語)
http://www.riverdance.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

2007年スケジュール手帳

そろそろ、東急ハンズの文具売り場の来年の手帳コーナーも混んできてますねぇ。 今年は会社で使っているグループウェアのスケジュールソフトを使って管理していたけれど、パソコンでしか見られないし、メモ帳を別途持ち歩くことを考えると、スケジュール帳を使うってことを復活してみようと思う。 で、手帳を購入するにあたって、何冊か手帳活用の本を読んだ。
ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法 ミリオネーゼの手帳術
手帳200%活用ブックというムック本も、タイプ別にいろいろな種類の手帳の活用術を紹介していて、手帳を選ぶのに役立った。
「ミリオネーゼの手帳術」で、オリジナル手帳のアクションプランナーを紹介していたけど、自分が持ち歩くにはちょっと大きすぎると思い、ほぼ同じ内容で小さなサイズの手帳、QUO VADISのBUSINESS PRESTAGEを購入。
クオバディス ビジネスプレステージ クオバディス ビジネスプレステージ
もともとはフランスのメーカー。東急ハンズやソニープラザで扱っていて、定番として結構人気があるみたい。 カレンダーは12月からなので、使い始めはあと2週間後。せっかくなので三日坊主で終わらないようにしないとっ。過去には、システム手帳、PDAなども使ってみたけれど、このとおり続いてないので(^^;

QUO VADIS(クオバディス)
http://www.quovadis.co.jp/

QUO VADIS(仏語)
http://www.quovadis.fr/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/13

負け犬?

いまさらながら、『負け犬の遠吠え』。
負け犬の遠吠え 負け犬の遠吠え
アマノジャクなので、世の中で話題になってるときは、読む気がしなかったものの、最近ふと目に付いて読んでみた。 いやぁ、自分が「負け犬」の定義の範疇(未婚、子なし、三十代以上)ということは知っていたけど、まぁ痛烈な内容。そもそもフィクションものかとおもってたのだけど、エッセイだったのね。 これによると、投資の勉強に熱心になってしまうのも、毎週のように海にいくのも、仕事で時間がないのも、負け犬の典型っ! しかし、この本では、必ずしも勝ち犬=良いといってるわけではなく、負け犬道を説いているはず。というわけで、私はこのままでいきますわ。(w

こんな短編小説も同時に読んだので。「結婚」しても、すべてがHAPPYではない・・・。小説だけど、こんなことありそーって思える内容で恐い。
結婚貧乏 結婚貧乏

それにしても、女性ってフクザツでコワイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/11

クリスマスイルミネーション

会社帰りに、JR名古屋駅を通ったら、セントラルタワーズにイルミネーションが。もうクリスマス気分かぁ・・・。早いなぁ・・・。
毎年人気があって、名所になりつつあるイルミネーションだけど、今年のは、青白い光が基調の大人っぽい感じ。クリスマスツリーも、明るい青白い光が雪のようで、その中にいろいろなカラーの光があって、とても素敵。
このイルミネーションのおかげか、今日が金曜日だからか、平日9時ごろにしては、いつもより人が多い気が。自分は帰宅途中のこともあって、さっさと通り過ぎてきたけど、またゆっくりと見てみたい。なかなかのオススメスポットだけど、毎年のことながら人がおおい場所なのでクリスマス前に堪能しておくのがよろし。

写真UPしたかったケド、デジカメ持ち歩いてないので。

Towers  Lights
今年のテーマは『星降る街で逢いましょう。-夜空と光たちの語らいー』
http://towers-style.com/top/gala2005/towers_lights/index.html

ナルホド・・・。それらしかったです。確かに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/07

セミドライをオーダー

今年、波乗りを再開するにあたって、シーガルのシーズンまでと、なんとなく思っていたのに、なぜかセミドライをオーダーしてしまった。コレで真冬もできますっ(爆)といいつつ、おそらく真冬はやらないと思う・・・。(いえまぁ、昔やってたとき1~3月の経験はあるけど、体もわるくしたし、もうムリッす)

・・・スプリング数ヶ月前にオーダーしたばっかじゃん。という思いは置いておいて。冬のボーナスあて込んで、注文しちゃいました。3週間~1ヶ月ぐらいかかるかな。

またしても、BREAKER OUT。よほど気に入ってるか?というと、特にこだわりはないのだけど、お世話になってるショップで扱っているのが、BREAKER OUTか、OCEAN KIDSなので。
黒のラバーでMMI(ミネラルマイナスイオン)という素材(たしか・・・のはず)今度は、黒にレモン色のラインにしてみた。まぁ無難な色の選択。

春にシーガルを作ったときと比べて、体型がかわってるかもしれないので、念のため採寸をしてもらう。と、二の腕まわりが1.5cmも細くなってたっ!(驚)筋肉ついて太くなったと思ってたのに。ということは、波乗りを始める前は「軽くヤバい?」つーか、「かなりやばい!」状態だったってこと?円周1.5cmぐらいなら、直径にするとわずかだし、どうでもいい気がするけど、二の腕たるんでるっつーのはNGでしょう(^^;
まぁ、波乗り効果でめでたく脂肪が燃焼されたのか?それとも、ここ1ヶ月ほどの仕事で、「やつれた」のか?(笑 真相はわからないケド、まぁ結果はヨシとしよう。
もうちょっと美しく筋肉がついてくると、最高だけど、鍛えてるわけじゃないし・・・。冬は筋トレかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/06

サーフィン@伊良湖20051106

ヘタレサーファーです・・・。
10月末締めの仕事がおわって、ちょっと余裕ができてきたので(ブログもずいぶん久々の記事だ)、サーフィン復活です。ってもう寒いんだけど・・・。今年は冬はシーガルの時期で終わろうとおもってたのだけど。1ヵ月半ぶり。(このブログには必ず波乗り日記を書こうとおもってたのに、ここ最後に行った9月18日は書き逃してしまった。)

今日は、よくわからない初めてのポイント。小○のあたり。サイズはコシ~ムネないぐらいかな。風が少しある。

さすがにシーガルではできないので、MLサイズのフルスーツをいつもお世話になってるショップでレンタル。しかし、寒い、寒すぎる。パドルでは手首から、波にまかれては首から水が入り放題。
水は実際はそれほど冷たくなく、手のひらあたりであれば、ぬるく感じるのだけど、外の風がつよく、日も照っていないので、濡れたウェットで水面に出てるとかなり寒い。2時間もすると、鳥肌たてながら、ぶるぶる。歯を食いしばってパドルする。
一ヵ月半のブランクで、もともと不足してる体力はさらに低下してるらしく、すぐにバテた。少し流れがあったので、パドルしても追いつかず、流されてる。ポイントの流れの先には、釣り人が何人もいて・・・。釣られそうになる。というか、正確にはつりの邪魔をしてしまうことに。あきらめて岸に泳ぎ、釣り糸の間からあがる。(ナサケナイ)一応「すみませーん。m(__)m」と大きな声でお詫びしたけど、ほんと申し訳ない。

・・・そんなこんなで時間がすぎ、ふと「若者たち」のフレーズが頭に浮かぶ。
 きみの~ゆく~みちは~はてし~なくとおい~。だのに~な~ぜ~
 はをくいし~ば~り~、きみは~ゆく~のか~。そんな~にして~まで~・・・。

苦行か・・・?(^^;自分でやってるんだけど。ま、波にのれれば、それはそれで楽しいし。
今日はまともにテイクオフして直線で岸までのっていけたのは3時間で3本。(ToT)
また、次回がんばろー。

つか、やっぱフルスーツはフルオーダーに限る!納得!
ということで、セミドライもオーダーしてしまったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

愛知牧場

朝起きたら、雲ひとつないお天気で、気温も高め。最近、お出かけが少なかったので、久々にどこかへ行こうと思い立つ。
たしか、この季節はまだコスモスが咲いているはずだ(去年も見に行った)と、愛知牧場へ。日和がよいので、人が思った以上に多い。親子連れがとても多い。

狙い通り、コスモスは満開。というか、花が落ちてるのもあったから、もう最後の方かな。それでも、黄色~オレンジの小さめの花が一面に色づいたコスモス畑はなかなかの見もの。ただ、私が好きなのは大きめな花のコスモス(品種の違いはよくわからないので)で、白やピンクっぽいものなので、少し残念。一面の花はそれなりに壮観ではあるけど。

愛知牧場には、動物たちとふれあえる場があるが、今日は見るだけにする。(牛、ぶた、やぎ、羊、うさぎ、あひる、鹿などにエサをあげて、触れ合うことができるのだけど。)
愛知牧場は、あいぼくミルクという商品を販売しているので、牛はたくさん牛舎に飼われている。妊娠中の牛や、子牛たちも間近で見られる。ホルスタインではなく、ジャージー牛もいるのだけど、ずいぶん体型もちがって、目もぱっちり、断然かわいらしい。

動物たちと触れ合ってみたいとおもったら、ぜひ行ってみることをおすすめ。入場無料ですからっ!
あくまで牧場、整備された動物園とは違うので、それは了解の上で。(いい靴、かかとの高い靴は履いていかないほうが無難)

愛知牧場
http://www.aiboku.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »