« 愛・地球博(飲食) | トップページ | 東京日帰り出張 »

2005/05/24

愛・地球博(乗り物)

20050521image03 写真では分かりにくいけど、無人自動運転のバス、IMTS(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム)の運転席にはモリゾーが。無人だけど、ハンドルがあって自動で動く。ちゃんと加速するし、カーブも曲がっていくので、なんとなく妙な感じ。
どの車体にも運転席にはモリゾーがいて、数台連なって走ってる様子をみると、なんだかかわいくてよい♪車体によっては、助手席(ガイドさん役?)には、キッコロが置いてあるものもある。なかなかの演出で気に入った♪運賃は200円。

会場内にはゴンドラが2つあって、長久手会場内を移動する有料のキッコロゴンドラと、長久手会場と瀬戸会場間を移動する無料のモリゾーゴンドラがある。キッコロゴンドラは有料なのに混んでるという新聞記事を見たので、瀬戸会場も行っておきたいし、モリゾーゴンドラ狙いで長久手駅に向かう。
っと、乗り場に向かうと「50~60分待ち」との待ち時間表示が・・・。そんなに混んでるのぉ!?と驚きつつ行きは諦め、瀬戸会場へのもうひとつの移動手段、燃料電池バスのFCHV(無料)に乗る。こちらは、驚くほど空いてる。空いてるので座れたし、燃料電池だけあって、と~っても静かで快適なヒトトキ。

瀬戸会場から長久手会場への帰りは、こんどこそと、ゴンドラ乗り場へ。またしても、「40~50分待ち」とあるけど、行列をみるとそれほど待たなくてよさそう~。結局15分ほどで乗ることができた!つーか、待ち時間表示が適当すぎでしょー!これは要注意。この表示を見て諦める人も少なくないと思われる。
ゴンドラは、8人乗り。ゴンドラの経路の下の木々がバッサリと切り取ってあるのが、少し痛々しい。愛・地球博なのに・・・。
途中2分間、民家のプライバシー保護のため、窓ガラスが曇りガラス化する。一瞬にして変わるので、ちょっと驚く。まー、それ以外はフツーのゴンドラ。実際、眺めは長久手会場内を移動するキッコロ・ゴンドラの方がおもしろそう。(だから有料なのかな・・・?)

今回は、混雑を避けたので、一番メインとなる乗り物=リニモは乗ってない。次回はチャレンジかなー。

|

« 愛・地球博(飲食) | トップページ | 東京日帰り出張 »

名古屋・愛知・東海地区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77097/4266906

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博(乗り物):

« 愛・地球博(飲食) | トップページ | 東京日帰り出張 »